セシール「安心ショーツ」

セシールなら「安心ショーツ」で探せる

カタログ通販で有名なセシールにも、軽失禁ショーツの取り扱いがありますね。

 

季節の衣料や肌着などと一緒に注文できるので、家族にも気づかれにくいのが良いと思います。

 

「軽失禁ショーツ」「尿漏れパンツ」ではあまり品数がないんですが、「安心ショーツ」で探すと結構な数の取り扱いがあるんです。

 

安心ショーツという名前で売られているものは、だいたいが15ccくらいの吸水量ですが、ちょっとした尿漏れの対応なら、そのくらいの方がかえって良いと思います。

 

吸水量が多ければ安心ではありますが、やはり見た目がおむつカバーみたいで「尿漏れ対応」とわかってしまいます。

 

ニオイや見た目で、人に分からないように穿いておきたいものなので、見た目が普通のショーツに近い方がいいですよね。

 

 

セシールで扱っている軽失禁ショーツは、1枚売りのもの・2枚セットのものと、5枚以上がセットになっているものがあります。

 

使ったことがないものを、いきなり5枚セットとかで買うのはちょっと勇気が要りますが、セシールくらいの大手の通販だと、使ってみた人のレビューの投稿も多くあるので、参考にしやすい点も良いですね。

 

セットだと安上がりなのも、良い点だと思います。

 

 

レビューといえば、セシールの、男性用尿漏れパンツのレビューに、「尿漏れ防止には効果があったけど、縫製が弱くてすぐ穴があいてしまった」というのがありました。

 

それを読んだ時、「そうか、尿漏れパンツって洗濯が頻繁だから、強くないと困るよね」と思ったものです。

 

普通の肌着なら、1日のうちに何度か穿き替えるということはないと思いますが、尿漏れパンツ・軽失禁ショーツはそうはいきません。

 

尿漏れはそうそう大量なわけではありませんが、やっぱり「しみた」と思えば取り替えたいですよね。

 

外出先から帰れば穿き替えるでしょうし。多少手洗いもするとはいえ、やっぱり洗濯機で洗う頻度が、他の肌着より高くなりますから、丈夫でないと困ります。

 

洗濯に強い・弱いで考えると、意外と心配なのは男性用だったりします。

 

 

女性用の軽失禁ショーツは、レースなど装飾部分が少ないものが多くて、シンプルなつくりなので洗濯に強いものが多い印象があります。

 

吸水部分も平たいマチ部分だけなので、縫製もそう複雑ではないんですよね。

 

そこへいくと、男性用は吸水部分が複雑です。前面から後方へかけて広い範囲にわたって吸水部が必要ですし、ボクサータイプの場合、太ももへ伝い漏れしないように、腿の部分にも吸水布が縫い付けられています。

 

女性は漏れた時に一か所で吸い取れば安心なのですが、男性は漏れた時にどこへ広がるかわからないので、そんな作りになっているようです。

 

ただでさえ前開き部分があって複雑な形になっているのに、さらに縫製部分が多いので、洗濯回数が多いとどうしても痛むのが早いようですね。

 

構造上仕方ないのかとも思いますが、そう何度も買い替えたいものでもないので、男性用は特に洗濯に強いものを選んだ方がよさそうです。

 

 

↓セシールの公式ページはこちら↓
セシールオンラインショップ

page top