モレキュット

スポーツする時におすすめのモレキュット

 

尿漏れは骨盤底筋群の衰えによって起こります。出産経験がなくても起きますし、若くても起きます。

 

昔のようにしゃがみこむ姿勢をとることがなくなった現代では、20代でも尿漏れを起こす人がいるのだとか。

 

ヨガやピラティスは骨盤底筋を鍛えます。

そんな効果を期待するひともあって、尿漏れに悩んでヨガを始めた、という人もいるみたいですよ。

 

 

今までも好きな運動があったのに、尿漏れするようになってから怖くてできなくなった、という場合もあるようですね。

 

ランニングやバレーボール、エアロビクスなど、ジャンプ・着地をするスポーツだと、どうしても尿漏れは心配になりますね。

 

ふだんの生活では、薄い尿漏れパッドでカバーできても、激しい運動をすると大量に漏れてしまうこともあります。

 

とはいえ、ぶ厚い尿漏れパッドをあてると、水分を含んだ時に膨らんで、人に分かってしまうのではないか・・・という心配も。

 

運動の種類によっては、スカートやショートパンツを重ねばきしてもカバーできますが、ユニフォームが決まっていて好きなように重ねられない場合もありますよね。

 

私が穿いてみた失禁ショーツの中では、モレジェンヌは運動中に穿いても良さそうでしたよ。

 

 

ガードルタイプなので、極端なショートパンツだと裾が出てしまいますけど、そうでなければ穿いていてもわかりません。

 

ガードルタイプといっても、普通のガードルのように締め付けるわけじゃないので、穿いて運動してもあまり苦しくないですね。

 

水分も35ccと多く吸収してくれるので、パッドなしでもいいですし、もし心配なら吸水パッドをあてておけば、より安心できます。

 

尿漏れの症状改善のためにも、運動はした方が良いです。尿漏れが心配で運動をやめてしまうのはもったいない。

 

失禁ショーツや尿漏れパッドなど、今は便利なものがあるのですから、利用しつつ、運動を続けられると良いと思います。

 

 

もし、ガードルタイプだと使えない・・・ということなら、同じメーカーさんからボクサーパンツタイプも出ているので、そちらがおすすめです。

 

見た感じ「いかにも大人の肌着」という印象のガードルはデザイン的にも好きじゃない、という人もいますよね。

 

そもそも女性らしい形の肌着を全く身に着けない、という人もいます。私もどちらかというと、ボーイズみたいな形の肌着の方が好きですね。服に肌着のラインが出てしまうこともありませんし。

 

 

失禁ショーツとして利用するには、ボクサーパンツタイプは不向きじゃないかと思ったこともありました。

 

と、いうのも、脚の付け根より先に生地があるタイプだと、その部分にまで水分がしみていってしまうのではないか、と思ったから。

 

通常の女性用肌着の形であれば、覆い被せる感じになるからいいけど、脚がついてるとどうなんだろう?と思ってたんですよ。

 

しかし、全然心配はなかったです。モレジェンヌもそうなんですけど、軽失禁程度の水分なら、瞬時に吸収してしまうので、脚の方にまで広がる心配はないんですね。

 

男性用の場合は、脚の部分まで厚く吸収布が貼られてたりしますが、男性と女性では体の構造が違いますから、同じように心配する必要はないんですね。

 

 

水分を吸収するだけの失禁ショーツの方が、正直、穿いていて楽なんですけど、出産直後の比較的若い女性は、骨盤サポートもしてくれるものを選ぶといいと思います。

 

というのも、妊娠・出産後の尿漏れは、骨盤底筋群の一時的なゆるみで起きてるんですよね。だから骨盤をギュッと締めるのを手伝ってくれるものを利用しておくと、より早く元の状態に戻せるかもしれません。

 

もちろん、運動もした方がいいですけどね。服のラインに響かない、見た目も尿漏れ用とは分からない便利なものがあるので、利用したほうがいいと思います。

 

page top