ピップフジモト

ピップフジモトの尿漏れパンツ

 

尿失禁といってもどの程度漏れるかは、人によります。と、いうか原因によると言った方がいいんでしょうか。

 

くしゃみしたり走ったりしてお腹に圧力がかかった時に少し漏れてしまう程度なら、すぐに乾いて消臭してくれる素材の尿漏れパンツをはいておけば安心。

でも、刺激を受けるとトイレに行くのか間に合わず、けっこうな量が出てしまう人は、パンツだけではとても安心できないようです。

 

そういう人は、とにかく「尿が外に漏れない」対処をしておかないといけませんね。

 

とはいえ、人前で着替えることもあるかもしれないし、おしゃれなものを穿いておきたいと思うのが女心というもの。

 

絶対の安心とおしゃれ心は共存が難しいようです。

 

 

私が穿いた中で「これはたくさん漏れても安心できそう!」と思ったのはピップフジモトの安心パンツでした。

 

 

でも見た目はかなり残念な感じです・・・

 

 

白っていうのがどうにも。見るからに介護パンツですよね。

 

これをたとえば40代・50代の女性が自分で手に取って買うことはあまりないんじゃないでしょうか。

 

 

排泄の事は、人としての尊厳にかかわることなので、万が一にも人に知られたくないですよね。

 

吸水量が多いパンツは、吸水部分が分厚く、前後に長くもなるので、薄手のスラックスを履いた時には、やはり

 

「オムツをつけてるみたい」

 

に見えてしまいます。

 

吸水量が50cc程度までの失禁ショーツは、見た目も普通の肌着に見えるものがほとんどですし、服の上から形が分かるようなことはまず、ありません。

 

だから見た目が少しでも気になるのであれば、50cc程度の吸水量の失禁ショーツを買うのがいいと思います。

 

でも安心度でいえばかなり高いです。なんせピップフジモトの安心パンツは、パンツ自体が吸水するわけではなく、ナプキン型の尿漏れパッドをつけたうえで穿く尿漏れパンツなんです。

 

 

肌側の素材はゴムのようなテクスチャで、水分が外に染み出すのを防いでくれます。

 

 

生理の時に穿く、サニタリーショーツの大げさなものって感じです。体の前面側もかなり上の方までカバーしているので、たとえ尿漏れしてもめったな事では人に分からないだろうと思えます。

 

穿いた感じも昔のサニタリーショーツみたいで、ちょっとゴワゴワしますね。肌に直接当たるわけではないので、痛くなったりはしません。

 

でも最近の肌着は薄くてはき心地が良いものが多く、私もそういったものに慣れているので、ピップフジモトの安心パンツはゴワゴワするのがとても気になりました。

 

 

しゃれた見た目よりもとにかく水分が外に染み出さず、衣服を汚さない尿漏れパンツが良いならピップフジモトの安心パンツが良さそうです。

 

でもたとえば、「最近尿漏れする」などと相談されてこのパンツを買い与えたら、受け取った方はかなりショックを受けると思います。

 

価格は1500円~2300円くらい。重度の人におすすめで、軽失禁の症状の方には向かないと思います。

 

page top